基本方針

当社のコーポレート・ガバナンスの施策は、株主重視による企業経営の推進及び開示情報の 質の向上にあると考えています。このため、取締役及び監査役を社外から招聘することにより、斬新な思想と、 第三者的観点からの経営方針の導入を行っています。また、最低月一回開催される取締役会では、 監査役にも積極的な意見参加を求め、監視機能をより高めています。
一方、開示面については、常にタイムリー・ディスクロージャーを念頭に置き、早期に開示し、当社ホームページを通じて株主及び投資家の皆様に対する情報公開を随時行うことで、開かれた経営を目指します。

コーポレート・ガバナンス

ページトップへ